妊娠線の消し方は?クリームのおすすめ

妊娠線が出来る原因とその症状

 

 

胎児の成長とともにお腹が大きくなりますが、このときの皮膚の伸びで、皮膚の奥にある真皮や皮下組織に無理が生じ、コラーゲンが裂けてしまいます。それによって出来た赤茶色のような線が、妊娠線と呼ばれるものです。妊娠中は、いつもに比べてコルチコステロイドというホルモンの分泌量が多くなりますが、コルチコステロイドのターンオーバーを抑制する作用によって、コラーゲンの裂けを修復しにくくなってしまうのです。

 

妊娠中は子宮が大きくなり骨盤が圧迫されて血行不良に陥ることが多いですが、血行不良であると、新陳代謝を促進できなくなりターンオーバーが働かなくなってしまってしまうので妊娠線が消えなくなくなります。また、ターンオーバーが働かなくなるのは、妊娠中に胎児へと栄養をおくり栄養不足となってしまうことが原因でもあります。以上が妊娠線の生じる原因ですが、症状としては次のようなことがあらわれます。

 

初期症状では、皮膚が伸びる際にかゆみが生じます。これが妊娠線ができる前兆となりますが、この際にしっかりとしたケアを行えば妊娠線は生じにくいです。中期症状では、真皮の損傷によって赤や茶色の線(幅2〜3mm×長さ5cm)が生じます。一本ではなく何本も生じることが多いです。後期症状では、中期症状で出来た線の色が、赤茶色から白っぽくなってそれと同時にくぼみが生じます。こうなると、妊娠線が消えにくくなることが多いです。

 

妊娠線は所謂、皮膚の損傷となり、特に高齢出産・経産婦・多胎児妊娠・胎児が大きいといったケースで生じることが多いです。ケア時期が遅れても、入念にケアをすれば完治することも多いので、諦めないことが大事です。

 

ホルモンの影響でできる妊娠線

 

妊娠線が出来る原因のひとつに、ホルモンの影響というのがあります。妊娠するとホルモンの影響で、体質・肌質が変わったり、食べ物の好みが急に変わったりします。例えば、においにとても敏感になるので、酸っぱいものを今まで嫌いだった人が酸っぱいものを食べたくなったり、ビールやお酒を飲んでも美味しく感じられなかったり、お肉が嫌いだった人がお肉を食べたくなったりするなどの変化が見られます。

 

食べ物の好みが変わるのは、健康な赤ちゃんを産むために、不足している栄養を体が欲するからだとも言われていますが、人間の体というのはとても不思議で神秘的です。妊娠すると精神的に不安定になるには、このホルモンの変化が自律神経にも影響しているからです。

 

妊娠すると、ホルモンバランスの乱れにより体質も変わりますが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが多く分泌されることで、皮膚の細胞に影響を与えて皮膚を薄く固い状態にしてしまうのです。そして、通常でも伸びにくい皮膚がさらに伸びにくくなり、急激に大きくなるお腹に合わせて皮膚がひび割れを起こしてしまいます。こうして出来たひび割れが妊娠線と呼ばれます。

 

また、このエストロゲンは皮膚の細胞や肝臓にも大きな影響を与えます。肝臓を悪くすると、尋常でない疲れを感じたりかゆみが生じますが、妊娠線がかゆくなるのも、エストロゲンの大量分泌が原因で肝機能が低下することから起こります。ホルモンのバランスの変化が原因でできた妊娠線の場合は、余計にかゆくなるようです。

 

かゆいと無意識のうちに掻いてしまう方が多いですが、皮膚を傷つけてしまい危険なので止めましょう。なるべく保湿クリームを塗ってマッサージをすることで、かゆみも治まっていきます。クリームは、高価なものを少量つけるよりも、安いものをたっぷりつけたほうが効き目があるようです。たっぷりつけることで下着について気になるかもしれませんが、その下着についたクリームが乾燥を防いでくれるので効果的です。

 

ケールの青汁には安眠効果がある

 

ケールという野菜をご存知ですか?日本ではあまり馴染みのない野菜ですが海外ではとても注目されている野菜なんです。ケールとはキャベツの一種であり、キャベツよりもより濃い緑色をした葉物野菜です。海外ではサラダなどにも使われるポピュラーな野菜であり、最近ではケールに含まれる豊富な栄養素から海外セレブなどがこぞって普段の食事に取り入れています。

 

野菜の王様とも言われるケールですがなぜ日本ではあまり浸透していないのでしょう。実はケールは豊富な栄養素を持ちながらも強い苦味と青臭さがあるのです。つまり食べにくい野菜なんですね。日本でケールと言えば青汁の材料になっていることが多く、青汁の飲みにくさの原因となっています。

 

ですがケールにはこういった飲みにくさなどを我慢してでも得られる効果の方が大きくこれから日本でも野菜として浸透していくのではないでしょうか。ケールの効果や効能として挙げられるのがケールに含まれるメラトニンという成分によって得られる安眠効果です。メラトニンとは睡眠ホルモンと呼ばれる物質であり、他の野菜の何十倍ものメラトニンがケールには含まれているのです。

 

忙しい現代人の多くは充分な質のよい睡眠を取ることができておらず、慢性的な睡眠不足となっている人も多いのではないでしょうか。またパソコンやスマートフォン、テレビなどを使用することによって体内のリズムが狂ってしまうことも少なくない為、体内のメラトニンも減少してしまい悪循環となってしまうのです。

 

そこでケールを原料とした青汁を毎日の食事に取り入れることによって安眠効果を得ることが出来るようになるのです。 
http://www.danielabekerman.com/

 

肉割れ予防クリームの効果のある使い方

 

肉割れ予防クリームをこれから使用しようと思っている人にとって、どのくらいの効果が期待できるかは、気になるところでうね。肉割れ予防クリームは、あくまでも予防対策のうちの一つのアイテムなので、毎日欠かさずしっかりケアをしていても絶対に予防できるというものではありません。

 

風邪予防のために、毎日手洗いやうがいをしっかり行っていても絶対に風邪をひかないというわけでないということと同じです。あくまでも、予防ですがしっかり対策しておくことで最小限に抑え、また防ぐ確率も高くなります。

 

一般的に、肉割れ予防や解消のために使われているのが「クリーム」です。保湿クリームには色々な種類があります。最近ではジェルタイプのものやオイルタイプのものなどもあり自分の好みに合わせて、伸びがよく保湿効果の高いものを選ぶといいですね。

 

使い方は、皮膚の薄いところや気になるところにやさしくマッサージしながら、しっかり塗りこむことです。妊娠線予防のクリームは高いからといって、惜しんで少量の使用では効果があがりません。惜しまずたっぷり使うことで、確実に予防効果があがるでしょう。

 

肉割れというのは、一度できたらもうできないと言うわけではなく経産婦さんにも出来てしまいます。予防ケアを怠ったことで、ますます肉割れが増え解消しにくくなってしまいます。肉割れ予防クリームは、保湿効果はもちろんですが、肌の修復を促す成分も含まれているものが多いので、市販のただの保湿クリームよりも予防と解消の効果が期待できるのでおすすめです。

更新情報・お知らせ

(2016/01/06)
プロテインダイエットを更新しました
(2015/10/31)
太陽光発電と取り付けについてを更新しました
(2015/10/31)
乳酸菌で大腸がんに勝つを更新しました
(2015/10/31)
肝硬変を診断する方法を更新しました
(2015/09/24)
余ってしまった妊娠線クリームの活用法を更新しました